サポートが終了するAdobe Flash Playerについて

Adobe Flash Playerについて

Flash Player (フラッシュ プレイヤー)は、アドビシステム社が開発している、ウェブ上で画像や動画を閲覧したり、操作を必要とする項目で利用されるソフトウェアです。多くの場合、Internet Explorerなどのブラウザソフトの動作を補助する「アドオン」としてインストールされています。

Flash Playerは、以下の用途で利用されます。

  • 動画の再生
  • 広告などの画像を切り替えながら表示するページ
  • 操作により画面が切り替わるようなページ

YouTube等の大手動画サイトは、Flash Playerが無くても動画が閲覧できるようになり、Flash Playerを必要としないように各サイトの更新が進んできています。

Flash Playerは現在、利用者が減少しつつありますが、インストールされているパソコンも存在しつづけている状況です。

2020年末にサポートが終了します

Flash Playerは、2020年12月31日をもって配布と更新を終了します。

サポートが終了しても利用しつづけると、以下のような影響が出ます。

  • 新しい機能が追加されない
  • 不具合や脆弱性が修正されない
  • OSのバージョンアップ等の環境の変化に対応できない

不具合や脆弱性が修正されないため、ウイルス感染のきっかけとして悪用されたり、攻撃を受けるリスクがとても高くなるため、サポート期限を迎える前に、Flash Playerのアンインストールを実施する必要があります。

NetStableでの検知

NetStableでは、古いバージョンのFlash Playerが動作しようとする際の通信を検知し、古いFlash Playerが動作しないようにすることができます。

  • sid:2000338 Old Adobe Flash Request (1x.x.x.x : IE)
  • sid:2000339 Old Adobe Flash Request (20.x.x.x : IE)
  • sid:2000351 Old Adobe Flash Request (21.x.x.x : IE)
  • sid:2000378 Old Adobe Flash Request (22.x.x.x : IE)
  • sid:2000421 Old Adobe Flash Request (23.x.x.x : IE)
  • sid:2000521 Old Adobe Flash Request (24.x.x.x : IE)
  • sid:2000601 Old Adobe Flash Request (25.x.x.x : IE)
  • sid:2000670 Old Adobe Flash Request (26.x.x.x : IE)
  • sid:2000741 Old Adobe Flash Request (27.x.x.x : IE)
  • sid:2000818 Old Adobe Flash Request (28.x.x.x : IE)
  • sid:2000931 Old Adobe Flash Request (29.x.x.x : IE)
  • sid:2001004 Old Adobe Flash Request (30.x.x.x : IE)
  • sid:2001049 Old Adobe Flash Request (31.x.x.x : IE)

検出された場合、送信元IPアドレスの端末にて古いバージョンのFlash Playerが動作しておりますので、アンインストールされることを推奨いたします。

まとめ

  • Flash Playerは現在でもインストールされているパソコンが存在しています
  • サポート終了後も利用しているとマルウェア感染の危険性が高まる
  • Flash Playerを利用している場合は、アンイントールを実施する

PDF版をダウンロード(172KB)